tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    5月1日雑節・八十八夜…今年は「新茶前線」に注目!

    2016年05月01日

    サイエンス

    5月1日雑節・八十八夜…今年は「新茶前線」に注目!

    八十八夜のころの早朝

    新緑が目にまぶしいころとなりました。今日は雑節・八十八夜(はちじゅうはちや)です。
    雑節は日本の風土と気候を農耕に照らして考え出され、八十八夜は立春から数えて88日目を指します。5月2日に当たることが多いのですが、今年は閏年のため5月1日になりました。
    この頃になりますと、温暖な日が増え最低気温も上昇してきますので、霜が降りなくなります。「八十八夜の別れ霜」という言葉には、この頃に霜が降りると作物に影響がでるので要注意…という意味があります。「八十八日」ではなく「八十八夜」なのは、霜がもうおりませんように…という願いが込められているようにも思えますね。

    「別れ霜」は季語で、異称に「忘れ霜」、「遅霜」、「霜の果て」、「晩霜」などがあります。

    ポイント解説へ

    関連リンク

    柊花

    和文化コンシェルジュ

    柊花

    このライターの記事一覧
    ライター一覧

    注目の情報

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!