tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    大雨が発生したときは

    実際に大雨が発生したらどのように対応すれば良いでしょうか。事前に確認しておきましょう。

    危険な場所に近づかない

    普段流れの遅い河川や用水路でも、大雨によって水かさが増したり、流れが速くなったりします。絶対に近づかないでください。
    増水した用水路は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られるおそれがあります。
    雨水はアンダーパスに流れ込むため、すぐに冠水します。車が水没して故障し、車内に取り残されると非常に危険なため、無理をして通らず迂回するなどの対応をとってください。
    急な大雨(ゲリラ豪雨)の時にはあっという間に冠水してしまうため、特に注意をしてください。

    山などの斜面から離れる

    山などの急な斜面はいつ崩れるか分からないため、決して近づかず、斜面とは反対側に避難するようにしてください。
    土砂災害警戒情報や大雨警報の危険度分布を細かく確認して、状況を常に把握するようにしましょう。

    地下にいる場合は速やかに地上に移動する

    地下では、危険を察知することが遅れてしまいがちになります。気象情報を確認しつつ、地上に移動できるようにしておきましょう。
    急な大雨(ゲリラ豪雨)でも地下が浸水することがあります。雨漏りなど異変を感じたら速やかに避難してください。

    ダムの状況を確認する

    大雨が長時間にわたって降り続くと、ダムは決壊を防ぐために放流を始める場合があります。上流にダムのある河川の近くに住んでいる場合は、ダムの水位情報を確認するようにしましょう。

    知る防災について

    最新の記事(日直予報士)

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!