tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    地震が発生したときは

    緊急地震速報が発表されたり、突如揺れを感じたりした時も、慌てずに適切な行動がとれるようとるべき行動を知っておくようにしましょう。

    緊急地震速報が発表されたら、揺れを感じたら

    大きな家具から離れたテーブルや丈夫な机の下に潜り、頭をしっかり守りましょう。
    火を使用している場合は、可能であれば火を消してください。避難経路を確保するため、近くの扉は開けておきましょう。
    屋外にいる場合は、ブロック塀や看板など倒れたり落下したりするものから離れ、カバンなどで頭を守るようにしましょう。
    エレベーターに乗っている場合は、すべての階のボタンを押してください。閉じ込められることを防げる可能性があります。

    揺れが収まったら

    火を使用していた場合は、火を消してください。万が一に備えてガスの元栓も締めるようにしましょう。
    ストーブなどの暖房器具が火災の原因になることがあります。電源を落とし、コンセントやガスの元栓から抜いておきましょう。
    ガラスなどが落下して破損している場合は、足をケガしないよう慎重に行動してください。スリッパや靴を履いて行動すると安全です。
    家具などの下敷きになるなど、身動きが取れなくなった場合は、大きな声で助けを求めてください。救出する側になった場合は、なるべく一人で助け出そうとせず、一人でも多くの人と協力しましょう。
    火事が発生した場合は、近所の人に知らせるために大きな声で叫びましょう。常備してある消火器などがあれば初期消火のみ行ってください。火の手が速い場合は無理に消そうとせず、避難することを優先してください。
    家や職場の近くに山や崖がある場合は、地震の影響で地盤が緩み、土砂災害を引き起こす可能性があります。急斜面とは反対側に移動し、不安な場合は避難を検討してください。

    知る防災について

    最新の記事(日直予報士)

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!