tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    地震発生後に避難するときは

    大きな揺れを観測した後には、同様、またはそれ以上の余震が発生する可能性があります。避難所に行くまでの間も十分に注意をしてください。

    避難時の服装

    用意があればヘルメットを着用しましょう。
    動きやすい長袖、長ズボンで避難してください。履きなれたスニーカー(運動靴)で避難してください。(靴底がしっかりしているものがよい。)
    避難時に必要なものはリュックに入れて両手を空けておき、できれば軍手を着用してください。

    実際に避難する

    避難中の予期せぬ火災を防ぐため、ブレーカーは切っておきましょう。
    できるだけ複数人で避難してください。近所の人とも声をかけ合って安否を確認しましょう。
    避難所まではできるだけ徒歩で避難しましょう。自動車で避難すると渋滞が発生し、場合によっては緊急車両の往来を妨げることになります。
    避難経路途中の家屋やブロック塀、崖や斜面が余震などの影響で崩れる可能があります。常に身の安全を確保しながら行動するようにしてください。

    知る防災について

    最新の記事(日直予報士)

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!