tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    日本気象協会の桜開花・満開予想について

    日本気象協会の桜開花・満開予想について、よくある質問と答えをまとめました。

    Q1:桜開花・満開予想の発表のスケジュールは?

    桜開花・満開予想は、第1回は1月28日(木)、第2回は2月10日(水)、第3回の2月25日(木)から第8回の4月1日(木)までは毎週木曜日、第9回は4月15日(木)、第10回は4月28日(水)に発表予定です。発表時刻はいずれも14時頃です。2月中は開花時期の傾向を発表し、3月以降は開花・満開時期の傾向を発表します。なお、これ以外に臨時で桜開花・満開予想を発表する場合があります。また、桜の開花・満開の観測日は随時更新します。

    Q2:日本気象協会の桜開花・満開予想の特徴は?

    各地気象台の標本木、公園などの協力機関による正確な観測データを重視した、気象学的根拠に基づいた予想を出しています。

    Q3:開花日・満開日の基準は?

    気象庁の観測基準と同じです。開花日は標本木で5~6輪以上の花が咲いた状態となった最初の日、満開日は標本木で80%以上のつぼみが開いた状態となった最初の日です。

    Q4:予想する地点数は?

    2月中は49地点、3月以降は87地点を発表します。予想地点87地点は、各地気象台が観測する標本木53地点と自治体・公園などの協力機関から観測データを得られる34地点を対象としています。

    Q5:日本気象協会の桜開花・満開予想の手法は?

    独自手法を用いて桜開花・満開予想をおこなっています。独自手法とは、花芽の生育過程に大きな影響を与える、秋以降の気温経過に重点を置いた独自の予測式を用いるものです。

    Q6:桜開花・満開予想に使うデータは?

    1. 前年秋から予想作業日前までの気温観測値
    2. 予想作業日から開花時期までの気温予測値(当協会ポイント予報および長期予報)
    を使用しています。
    桜の開花時期には、前年の秋から春にかけての気温が大きく影響します。桜の花芽(はなめ)は前年の夏に形成され、その後、休眠に入ります。冬になって一定期間の低温にさらされると、花芽は休眠から覚めます(休眠打破)。休眠から覚めた後は、気温の上昇とともに生長し開花しますが、気温が高いほど花芽の生長が早く進み、開花が早まると考えられています。

    最新の記事(日直予報士)

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!