tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

桜の開花予想<第12回>

桜情報

2017年の桜情報の更新は終了しました。※現在掲載されている情報は、2017年の情報です。2018年は変更になる可能性があります。

桜の開花予想
2017年の桜前線は、初夏を通り越して真夏並みの暑さの日もあった北海道を駆け抜けています。平年より3日前後早い開花となったところが多く、札幌や旭川、室蘭など各地でゴールデンウィーク期間中にお花見が楽しめました。この先も気温は平年より高めに推移するため、根室で平年より3日早く、5月15日に桜前線はゴールを迎えるでしょう。

各地の桜(ソメイヨシノほか)の2017年予想開花日・予想満開日

ゴールデンウィーク期間中の北海道は安定した天気の日が多く、真夏並みの陽気となった日もありました。4日はオホーツク海側の置戸町で、この日までの全国最高気温となる31度2分まで上がりました。北海道では開花から3日前後で満開となるところが多く、桜前線は順調に北上を続けています。今後も桜前線の足取りは軽く、釧路で14日、根室では15日に開花を迎え、3月21日に東京からスタートした桜前線はおよそ2カ月かけてゴールを迎えるでしょう。
  • ※平年(昨年)差の「-」は平年(昨年)よりも早く、「+」は平年(昨年)よりも遅いことを表します。
  • ※平年値や昨年値は、気象庁・各自治体や名所の値を用い、平年値の無い地点は過去の観測データを基に算出しました。
  • ※満開の観測を行なっていない地点と過去の観測の記録がない地点は、予想満開日は発表しません。
  • ※長野県伊那市(高遠城址公園)はタカトオコヒガンザクラ、北海道稚内市、留萌市、旭川市、網走市、帯広市、釧路市、浦河町はエゾヤマザクラ、根室市はチシマザクラ、その他の各地はソメイヨシノを対象としています。
  • ※予想開花日、予想満開日の()はすでに開花や満開になった地点です。
九州地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
福岡県福岡市(3月25日)+2+6(4月5日)+4+6
大分県大分市(4月4日)+11+7(4月13日)+10+5
長崎県長崎市(3月30日)+6+8(4月7日)+4+8
佐賀県佐賀市(3月30日)+6+7(4月8日)+5+8
熊本県熊本市(4月1日)+9+10(4月8日)+7+6
宮崎県宮崎市(4月2日)+9+9(4月9日)+7+4
宮崎県都城市(母智丘公園)(4月1日)+8+7(4月8日)+8+5
鹿児島県鹿児島市(4月5日)+10+9(4月15日)+11+9
四国地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
香川県高松市(4月2日)+5+7(4月8日)+3+4
徳島県徳島市(4月3日)+6+4(4月10日)+5+2
愛媛県松山市(3月30日)+5+7(4月8日)+4+5
愛媛県宇和島市(3月25日)+3+5(4月4日)+3+5
高知県高知市(3月29日)+7+5(4月6日)+7+4
高知県宿毛市(3月28日)+5+9---------
中国地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
広島県広島市(3月27日)0+4(4月7日)+3+5
岡山県岡山市(4月1日)+3+6(4月7日)+1+6
島根県松江市(4月1日)+1+9(4月7日)-1+8
鳥取県鳥取市(4月2日)+2+10(4月7日)0+7
山口県下関市(3月29日)+2+1(4月7日)+2+4
山口県岩国市(錦帯橋・吉香公園)(3月31日)+4+7(4月7日)+2+5
近畿地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
大阪府大阪市(3月30日)+2+7(4月6日)+1+5
滋賀県彦根市(4月5日)+3+6(4月9日)0+4
京都府京都市(3月31日)+3+8(4月7日)+2+5
兵庫県神戸市(4月3日)+6+8(4月10日)+5+7
兵庫県姫路市(姫路城)(4月2日)+4+9(4月8日)+1+5
奈良県奈良市(4月3日)+5+11(4月8日)+3+6
和歌山県和歌山市(3月30日)+4+8(4月7日)+3+7
東海地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
愛知県名古屋市(3月28日)+2+9(4月6日)+3+6
静岡県静岡市(4月2日)+8+6(4月12日)+9+7
静岡県浜松市(浜松城公園)(3月31日)+4+3(4月9日)+5+6
岐阜県岐阜市(3月28日)+2+8(4月4日)0+4
岐阜県高山市(4月18日)+3+12(4月23日)+3+10
三重県津市(4月3日)+4+6(4月5日)0+3
関東地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
東京都東京都心(3月21日)-50(4月2日)-1+2
東京都八王子市(3月28日)0+6---------
茨城県水戸市(4月3日)+1+6(4月10日)+2+4
栃木県宇都宮市(4月3日)+2+6(4月9日)+1+5
群馬県前橋市(4月2日)+2+10(4月7日)+1+6
埼玉県熊谷市(3月28日)-1+5(4月7日)+2+6
埼玉県さいたま市(大宮公園)(3月22日)-40---------
千葉県銚子市(4月1日)+10(4月10日)+2+4
神奈川県横浜市(3月25日)-1+2(4月6日)+3+4
神奈川県小田原市(小田原城址公園)(3月24日)-2+1(4月8日)+5+4
東京都八丈島(八丈植物公園)(4月10日)+10+7(4月18日)+9+10
甲信地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
山梨県甲府市(3月30日)+3+7(4月9日)+6+6
長野県長野市(4月14日)+1+11(4月17日)0+9
長野県大町市(大町山岳博物館)(4月18日)-1+8(4月24日)+2+8
長野県飯山市(飯山城址公園)(4月17日)0+7---------
長野県松本市(松本城)(4月10日)0+9(4月17日)+2+11
長野県上田(上田城跡公園)(4月8日)-1+7(4月15日)+2+9
長野県小諸市(懐古園)(4月15日)0+7(4月18日)-3+6
長野県諏訪市(高島公園)(4月14日)+2+10---------
長野県伊那市(高遠城址公園)(4月10日)-2+7(4月18日)+1+10
長野県飯田市(大宮通り)(4月6日)+2+8(4月12日)+3+10
長野県飯田市(天竜峡)(4月5日)+5+10---------
北陸地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
新潟県新潟市(4月8日)-1+5(4月13日)-1+6
新潟県上越市(高田公園)(4月6日)-2+5(4月10日)-3+4
富山県富山市(4月5日)0+7(4月8日)-2+7
富山県高岡市(高岡古城公園)(4月6日)0+6(4月9日)-1+6
石川県金沢市(4月4日)0+5(4月8日)-2+4
石川県輪島市(4月7日)-2+4---------
福井県福井市(4月5日)+2+9(4月7日)-2+7
東北地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
宮城県仙台市(4月7日)-4+6(4月13日)-3+7
青森県青森市(4月17日)-70(4月21日)-80
青森県弘前市(弘前公園)(4月18日)-50(4月25日)-3+2
青森県八戸市(4月17日)-6+1---------
秋田県秋田市(4月16日)-2+2(4月19日)-30
秋田県仙北市(角館・桧木内川堤)(4月24日)0+4(4月28日)0+5
岩手県盛岡市(4月17日)-4+6(4月24日)-1+6
岩手県北上市(北上展勝地)(4月17日)-3+5(4月25日)-1+5
岩手県大船渡市(4月7日)-7+5---------
山形県山形市(4月14日)-1+8(4月17日)-2+7
山形県酒田市(日和山公園)(4月9日)-5+3(4月17日)-1+3
福島県福島市(4月8日)-1+9(4月12日)-1+9
福島県いわき市(小名浜)(4月6日)0+6(4月12日)0+3
北海道地方
地点
予想開花日
平年差(日)
昨年差(日)
予想満開日
平年差(日)
昨年差(日)
北海道札幌市(4月28日)-5+3(5月3日)-4+2
北海道稚内市(5月9日)-5-45月14日-3-1
北海道留萌市(5月5日)-40(5月8日)-40
北海道旭川市(5月3日)-20(5月5日)-2+1
北海道倶知安町(5月5日)-20(5月8日)-50
北海道網走市(5月5日)-6-3(5月7日)-7-3
北海道帯広市(5月1日)-3+1(5月2日)-5-1
北海道釧路市5月14日-3+45月17日-3+4
北海道根室市5月15日-3+25月21日-3+3
北海道室蘭市(5月2日)-4+7(5月4日)-7+2
北海道浦河町(5月7日)-2+4(5月9日)-3+3
北海道函館市(4月27日)-3+3(4月30日)-4+4
北海道松前町(松前公園)(4月23日)-5+1---------
北海道新ひだか町(二十間道路)(5月3日)-2+3(5月5日)-4+1
平年 1981年~2010年累年平均値
早い 平年よりも3日から6日早い
かなり早い 平年よりも7日以上早い
平年並 平年との差が2日以内
遅い 平年よりも3日から6日遅い
かなり遅い 平年よりも7日以上遅い

気象予報士コメント

【日本気象協会北海道支社】

札幌や函館は市内の桜のピークは過ぎつつあり、木の根元は花びらのじゅうたんになっています。しかし、郊外の野山ではまだ自生する桜が楽しめ、稚内や釧路などもこれからお花見のシーズンとなります。北海道は桜に続きチューリップや芝桜、ライラックが次々と開花し、花の季節を迎えます。

日本三大桜 開花予想

「三春滝桜」(福島県三春町)、「山高神代桜」(山梨県北杜市)、「根尾谷淡墨桜」(岐阜県本巣市) いずれも大正11年10月12日に国の天然記念物に指定。また、大阪市と新聞社が平成2年6月2日に共同で企画した新日本名木百選にも選ばれています。 ※日本三大桜は開花データの平年値なし。
日本三大桜
地点
開花日
昨年差(日)
満開日
昨年差(日)
福島県 三春滝桜 (4月14日) +10 (4月19日) +9
山梨県 山高神代桜 (4月4日) +6 (4月8日) +7
岐阜県 根尾谷淡墨桜 (4月4日) +7 (4月11日) +8

おすすめ記事

天気ガイド

雨雲の動き

最新の記事(日直予報士)

日本三大桜

百円桜プロジェクト

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)