tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    梅雨の晴れ間に危険な暑さ 熱中症発生が一番多いのは住居 高齢者が6割 予防と対策

    2024年06月24日11:43

    梅雨の晴れ間に危険な暑さ 熱中症発生が一番多いのは住居 高齢者が6割 予防と対策
    今日24日(月)は、関東など東日本を中心に梅雨の晴れ間となり、真夏日・猛暑日が続出、危険な暑さとなるでしょう。熱中症の発生が一番多いのは「住居」、60歳以上の高齢者が6割。「休息・冷却・水分補給」をこまめに行い、高齢者や子供など熱中症のリスクが高い方に、こまめな声かけを。予防と対策をまとめました。
    ポイント解説へ

    最新の記事(気象予報士)

    関連リンク

    福冨 里香

    [日本気象協会 本社]気象予報士/熱中症予防指導員

    福冨 里香

    福冨 里香の記事一覧
    気象予報士一覧

    おすすめ情報

    雨雲レーダーで雨を回避!
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    tenki.jp公式SNS