tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    関東・甲信地方の天気概況

    東京都

    関東地方は各地で晴れています。午後3時までの最高気温は東京都心で19.5度、横浜で20.5度でした。日差しの下では、過ごしやすい陽気となっています。この後、今夜は雲の広がる所がありますが、傘の出番はなさそうです。ただ、夜は気温がグッと下がります。冷たい北風の強まる所もあるため、暖かくしてお過ごし下さい。あすは雲が多く、日中も肌寒く感じられそうです。

    神奈川県

    オホーツク海の低気圧からのびる寒冷前線が北日本を通過し、東日本には大陸から高気圧が張り出しています。
    神奈川県は、晴れています。
    17日は、高気圧に覆われ晴れますが、北東からの湿った空気が流れ込むため、夜のはじめ頃は曇りとなるでしょう。
    18日は、高気圧に覆われますが、北東からの湿った空気の影響もあり、曇りで昼過ぎまで時々晴れる見込みです。
    神奈川県の海上では、17日から18日にかけて多少波があるでしょう。

    埼玉県

    オホーツク海の低気圧からのびる寒冷前線が北日本を通過し、東日本には大陸から高気圧が張り出しています。
    埼玉県は晴れています。
    17日は、高気圧に覆われるため、はじめ晴れますが、北東からの湿った空気の影響により、夜は曇りとなるでしょう。
    18日は、高気圧に覆われますが、北東からの湿った空気の影響により、曇りで昼前から夕方は晴れとなるでしょう。

    千葉県

    北東部、南部では、17日夜のはじめ頃から18日昼前まで高波に注意してください。
    千葉県では、18日まで空気の乾燥による火の取り扱いに注意してください。
    オホーツク海の低気圧からのびる寒冷前線が北日本を通過し、東日本には大陸から高気圧が張り出しています。
    千葉県は、おおむね晴れています。
    17日は、はじめ高気圧に覆われて晴れますが、北東から湿った空気が流れ込むため、夜のはじめ頃は曇りとなるでしょう。
    18日は、北東からの湿った空気の影響により、曇りで昼過ぎまで時々晴れの見込みです。
    太平洋沿岸では、17日から18日にかけてうねりを伴い波が高い見込みです。
    船舶等は注意してください。
    <天気変化等の留意点>18日は、うねりを伴い波が高くなる所がある見込みです。
    海岸での作業に注意してください。

    茨城県

    茨城県では、17日夜のはじめ頃から18日昼前まで高波に注意してください。
    北部では、18日朝は霜に対する農作物の管理に注意してください。
    オホーツク海の低気圧からのびる寒冷前線が北日本を通過し、東日本には大陸から高気圧が張り出しています。
    関東地方は、おおむね晴れています。
    17日は、高気圧に覆われますが、北東からの湿った空気の影響で、茨城県は、晴れ夜遅く曇りでしょう。
    18日は、北東からの湿った空気の影響で、茨城県は、曇りで昼過ぎまで時々晴れの見込みです。
    茨城県の海上では、17日から18日にかけて、うねりを伴い波が高い見込みです。
    <天気変化等の留意点>18日は、海上では、うねりを伴い波が高くなる見込みです。
    海岸での作業等には注意してください。

    栃木県

    オホーツク海の低気圧からのびる寒冷前線が北日本を通過し、東日本には大陸から高気圧が張り出しています。
    関東甲信地方は、おおむね晴れています。
    17日は、高気圧に覆われますが、北東から湿った空気が流れ込む見込みです。
    このため、栃木県は、晴れで夜遅くには曇りとなるでしょう。
    18日は、北東からの湿った空気の影響を受ける見込みです。
    このため、曇りで昼前から夕方は晴れでしょう。

    群馬県

    オホーツク海の低気圧からのびる寒冷前線が北日本を通過し、東日本には大陸から高気圧が張り出しています。
    関東甲信地方は、おおむね晴れています。
    17日は、高気圧に覆われますが、次第に北東から湿った空気が流れ込む見込みです。
    このため、群馬県は晴れますが、夜遅くには曇りとなるでしょう。
    18日は、北東からの湿った空気の影響を受ける見込みです。
    このため、群馬県は晴れで朝晩は曇りとなるでしょう。
    <天気変化等の留意点>18日は、北東からの湿った空気の影響を受けるため、吾妻地域は晴れで朝晩は曇りとなるでしょう。

    山梨県

    オホーツク海の低気圧からのびる寒冷前線が北日本を通過し、東日本には大陸から高気圧が張り出しています。
    山梨県は、晴れています。
    17日は、高気圧に覆われて晴れますが、北東から湿った空気が流れ込むため、夜遅くは曇りとなるでしょう。
    18日は、北から高気圧に覆われますが、北東からの湿った空気の影響を受ける見込みです。
    このため、曇りで朝から昼過ぎは晴れるでしょう。

    長野県

    長野県では、17日夜遅くから18日昼前まで濃霧による視程障害に注意してください。
    東日本から西日本にかけては大陸から高気圧が張り出してきています。
    長野県内は、晴れまたは曇りで、北部の山沿いでは雨の降っている所があります。
    17日は、高気圧に覆われますが、寒気の影響を受けるでしょう。
    このため、北部では曇り、中部と南部では、晴れで夜には曇りとなる見込みです。
    18日は、高気圧に覆われますが、湿った空気の影響を受けるでしょう。
    このため、北部では曇り時々晴れ、中部と南部では晴れで朝晩曇りとなる見込みです。

    日直予報士のポイント解説(防災・予報)

    季節を楽しむ(tenki.jpサプリ)

    お出かけスポット天気 人気ランキング

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!