tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    電気を使わないロボット工学「からくり」を広めた、江戸のエンジニア「からくり半蔵」とは?

    2015年10月22日

    トピックス

    電気を使わないロボット工学「からくり」を広めた、江戸のエンジニア「からくり半蔵」とは?

    高山祭(山王祭)の山車からくり。かつて尾張藩の領地であった岐阜にも“からくり”文化が根付いている

    昨日に引き続き、日本の“からくり”文化にスポットを当てます。
    山車祭りで出動する「からくり人形」の見事な演技……。電気などの動力源を一切使わず、人形を動かす“からくり”のテクノロジーは日本独自のもの。
    その歴史をさかのぼると、江戸時代を生きたエンジニアたちの熱いマインドによって実現した由来にいたります。
    そこで今回は、伝説の人物「からくり半蔵」と、日本の“からくり”文化の成り立ちに迫ります。

    ポイント解説へ

    関連リンク

    三毛呂風

    編集者・ライター

    三毛呂風

    このライターの記事一覧
    ライター一覧

    注目の情報

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!