tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

関西 東風解凍の時季でもしばらくは西寄りの風

立春を過ぎて間もないころを、七十二候では東風解凍(はるかぜこおりをとく)と呼びます。東から吹く風は暖かさを含み、春の象徴のようにも使われます。東日本や東北地方では、冷たい東風の吹くことが多いので、ピンとこないかも知れませんね。無論、春一番は南寄りの風で、気温の上昇をしっかりと感じるのも南寄りの風ではありますが。さて、その春を呼ぶ東風ですが、この先の数日間、近畿地方では吹きそうにありません。きょう5日から週明けの8日にかけて、期間のほとんどは西寄りの風が吹くでしょう。

最新の記事(日直予報士)

関連リンク

濱野 淳

日本気象協会 関西支社気象予報士/防犯設備士

濱野 淳

犯罪に備えた堅固な建物造りや設備は、災害時(特に避難時)には脱出や救出の妨げになる場合があります。何事も折衷が大事。災害・犯罪に強く、被災時に優しい街づくりを目指したいと思いながら、「難し...

おすすめ情報

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

日直予報士一覧
毎日の気象情報をお届け!日直予報士一覧

今日の天気 11日12:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)