tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    土砂災害の発生が予想されるときは

    雨が続いているときや、地震の後で地盤が緩んでいるときなどは特に意識して情報を収集するようにしましょう。

    土砂災害に関する気象情報・避難情報をこまめに確認する

    雨が降り出したら、気象情報を確認して避難に備えましょう。雨の状況に応じて段階的に、注意報や警報などが発表されます。
    「大雨警報(土砂災害)」や「土砂災害警戒情報」が発表されているときは、「土砂災害警戒判定メッシュ情報」などで危険度が高まっている地域を確認しましょう。
    自治体から「高齢者等避難」が発令されれば、主要な指定緊急避難場所が開設され始めます。
    土砂災害の発生時間や場所などを予測するのは難しく、自治体で発令する避難情報が間に合わない可能性もあるため、早め早めの行動を心がけましょう。

    土砂災害の前兆現象に注意する

    土砂災害の前兆現象は以下の通りです。注意してあたりを観察しましょう。
    ・豪雨や長雨が続いている
    ・川が濁ったり、木が流れたり、土臭いにおいがしたりする
    ・降雨が続いているのに、川の水位が減少する
    ・斜面(崖)から物音がする、石が落ちてくる、水が浸みだす
    ・地面に亀裂や段差が生じる、木が傾いたり、地面が揺れたりする
    ・地鳴りがする
    ・いつもと違うことが起きる

    知る防災について

    最新の記事(日直予報士)

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!