tenki.jp

検索

メニュー

    現在地

    日本には現在も活動しているとされる火山が111あるとされています。気象庁はこれらの火山に対して観測・監視などを行っていますが、噴火などの火山災害の予測は依然として困難です。また、火山による災害は、噴石や火砕流、火山泥流、溶岩流、火山灰と種類が多く、影響する範囲も大きいものとなります。噴火等の際に影響を受けそうな火山を認識し、いざというときに迷わず行動ができるよう日頃から準備をしていきましょう。

    火山

    知る防災について

    豪雨レーダーで雨を回避!
    雨が増えるこれからの季節に。
    tenki.jp公式 天気予報アプリ
    忙しいあなたはSNSで毎日の天気をチェックしよう!