tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

種田山頭火、尾崎放哉 ── 自由律俳句の魅力

2018年06月05日

トピックス

種田山頭火、尾崎放哉 ── 自由律俳句の魅力
初夏の季節に、ふと思い出される句があります。〈分け入っても分け入っても青い山〉。
これは種田山頭火(たねだ・さんとうか/1882~1940年)が大正15(1926)年4月、句作の旅に出た際に詠んだ句とされています。「青い山」の一語からは青葉がまぶしい夏の山が連想され、清々しさを感じます。
今回は「漂泊の詩人」として今なお多くの人に愛される、彼の世界を紹介しましょう。

関連リンク

hiroyuki koga

フリーランス編集者

hiroyuki koga

書とか文字文化が専門。 最近友達と一緒に小説も書き始めた。 http://hiroyukikoga.wix.com/gorgeanalogue https://reinhabitations....

最新の記事(tenki.jpサプリ:トピックス)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 07日16:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)