tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

平和のシンボル?それとも空飛ぶネズミ!? ハトが人のそばにいる本当の理由

平和のシンボル?それとも空飛ぶネズミ!? ハトが人のそばにいる本当の理由

人類の歴史開闢の時代から友として生きてきたハト。今、居場所は?

夏鳥のツバメ、カッコウ、チュウサギ、アマサギなどの姿はとうに消え、かわりに北から冬鳥のカモやハクチョウの姿が見られる季節となりました。一方で季節とかかわりなく留鳥として身近にいる野鳥も多くいます。中でも都市環境では他のどんな鳥よりも多く見かける鳥といえばハト(ドバト)でしょう。最近では迷惑害鳥ワーストの地位はカラスやムクドリをしのぐものがあります。ではどうしてハトは人の(都市の)そばに多いのでしょうか。

関連リンク

職業は漫画家。代表作は「エンブリヲ」ほか。動植物など観察、写真を撮るのが趣味。猫をこよなく愛する。

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 24日04:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)