tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

例年「黄砂」の飛来いつまで多い? 大気汚染物質とともに飛来することも 影響と対策

黄砂が日本列島に飛来するのは3月と4月がピークで、5月も度々飛来することがあります。今年は4月12日(水)から13日(木)にかけて日本列島の広範囲に黄砂が飛来しましたが、あす18日(火)も九州に飛来する可能性があり、注意が必要です。黄砂の影響と対策をまとめました。

最新の記事(気象予報士)

関連リンク

吉田 友海

日本気象協会 本社気象予報士 熱中症予防指導員

吉田 友海

信託銀行に勤務しながら、気象予報士の資格を取得。仙台に移住し、「民放ラジオ」や「NHK山形」で気象コーナーを担当。その後、東京に戻り、「NHKラジオジャーナル」で気象キャスターを務めました...

おすすめ情報

天気ガイド

雨雲

最新の記事(気象予報士)

注目の情報

日直予報士一覧
毎日の気象情報をお届け!気象予報士一覧

おすすめ記事

今日の天気 23日04:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)