tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

クリーニング代0円!水洗いできない服を家でケアする方法

コートや帽子など、水洗いできないウール製品のお手入れ、どうしていますか? 来年またきれいな状態で着られるよう、しっかり汚れを落としたいものですが、家族全員の分をクリーニングに出すとなると出費が気になります。今年はクリーニング店まかせにせず、自分でさっぱりきれいにしてみましょう。

「水洗い、手洗いできない冬物も、汚れに応じたケアをすればじゅうぶんきれいになりますよ」と教えてくれたのは、「洗濯王子」の愛称で知られる洗濯アドバイザー・中村祐一さん。ウールのコートと帽子の正しいお手入れ方法を教えていただきました。

◆蒸しタオルとブラシで、ウールのコート汚れを一掃!

目には見えなくともホコリやチリ、皮脂汚れがたまりがちなウールのコート。汚れを落とし、毛並みを整えれるだけでも清潔感が段違いに。おしゃれ感もアップします。

1.衿元や脇の下などを蒸しタオルでふく

衿元や脇の下などを蒸しタオルでふくかたく絞った蒸しタオルで、衿元や脇の下の内側、袖口など、皮脂や汗などの汚れがつきやすい部分を優しくふく。

2.全体にブラシをかける

全体にブラシをかけるハンガーにかけ、洋服用ブラシで下から上にブラシをかけてホコリなどをかき出し、上から下に再度ブラシをかけて毛並みを整える。

◆ウールの帽子

なかなか洗濯する機会のない帽子ですが、内側に頭皮のにおいがうつったり、汗や皮脂、メイクも付着して汚れになります。そんな汚れがちな帽子の掃除には、化粧用のクレンジングシートが大活躍。

1.クレンジングシートで汚れをふき取る

クレンジングシートで汚れをふき取る内側についた皮脂やファンデーションなどの汚れは、化粧落とし用のクレンジングシートでふいて落とす。2度ぶき不要で簡単!

2.全体にブラシをかける

全体にブラシをかける全体にブラシをかけて。まず、さまざまな方向からかけてホコリなどをかき出し、最後に毛並みに沿ってかけて整える。

コートなどの大物はクリーニングにだすもの、というイメージが強いですが、このように自分でお手入れをすることも可能です。大人のファッションこそ、清潔感が大事になってくるので、ひと手間かけてさっぱり汚れを落としてからしまうのは重要。クリーニング代0円で次のシーズンも気持ちよく着られそうです。

●教えてくれた人 【洗濯アドバイザー 中村祐一さん】
メディアなどで活躍し、「洗濯王子」の愛称で親しまれる。洗濯、しみ抜き、アイロンがけなどを学べる洗濯教室も主宰。著書に『幸せを呼ぶスマート洗濯』(ポプラ社刊)ほか

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

関連リンク(外部リンク)

ESSE-online

関連リンク

ESSE

ESSE-online

『ESSE』が運営する生活情報サイト。節約、収納、レシピなど雑誌連動はもちろん、Webオリジナルの情報を毎日配信しています。

おすすめ記事

天気ガイド

雨雲の動き

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 16日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)