tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

冬に収穫するのにどうして「八朔」? ハッサクの歴史と逸話

2017年01月24日

グルメ

冬に収穫するのにどうして「八朔」? ハッサクの歴史と逸話
柑橘類の一つであるハッサクは、漢字で書くと「八朔」と書き、「8月1日」を意味していることはご存知でしょうか。ハッサクは12月から2月にかけて収穫され、その後1・2か月程貯蔵して酸味を抜いた後に出荷されます。つまり、ハッサクの旬は3月から4月。それでは、なぜ「8月1日」を意味する「八朔」という名前がつけられたのでしょうか。
今回はハッサクの歴史や逸話などをご紹介します。

関連リンク

岩手県在住。東北の俳句結社に所属して俳句を書いています。

最新の記事(季節・暮らしの話題:グルメ)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(気象予報士)

今日の天気 18日08:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)