tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

七十二候「水泉動」-厳寒のなか太陽を射る奇妙な神事「オビシャ」とは?

七十二候「水泉動」-厳寒のなか太陽を射る奇妙な神事「オビシャ」とは?
1月10日より、小寒の次候「水泉動(みずあたたかくをふくむ)」となります。五行思想で冬の季節を支配するとされる「水」の気に、春の兆しが胎動をはじめる、という意味です。日々を生きる私たちも、三が日を過ぎたこの頃、ふと「あれ、そういえば冬至のころより日あしが延びたかな」と感じ、日の光にもいっときよりも力強さとまぶしさをかんじるようになります。そんな寒中の時期に行われる伝統行事に「オビシャ」があります。「お日射」とも書き、字の如く「太陽を射抜く」行事です。どんなことをするのでしょうか。

関連リンク

職業は漫画家。代表作は「エンブリヲ」ほか。動植物など観察、写真を撮るのが趣味。猫をこよなく愛する。

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 14日16:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)