tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

「知って得する季語」── 美しすぎる日本語「六花」

2018年12月15日

トピックス

「知って得する季語」── 美しすぎる日本語「六花」
12月初旬は気温の高い日が続き、暖かな冬の気配が漂っていましたが、12月7日の二十四節季「大雪(たいせつ)」を境に、いよいよ本格的な冬の到来となりました。「大雪」とは雪が多く降る頃のことで、雪の多い地域では春まで消えない“根雪”が積もる頃ともいわれています。

さて、詩歌の世界では昔から雪を「雪月花」のひとつとして愛でてきました。四季のはっきりした日本ならでは風情でもありますが、雪は大切な水源でもあるのです。
都心に降ると少々やっかい、でも、豊穣をもたらす“雪”。雪と六花の関係は?など、今回は“雪”に関して調べてみました。

関連リンク

ライター業のかたわら趣味の俳句を続けています。今では本業俳句、時々ライターライフを楽しんでいます。

最新の記事(tenki.jpサプリ:トピックス)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 16日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)