tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

梅雨や雨キャンプのおすすめキャンプ用品&グッズ7選! 雨キャンプでの注意点もご紹介

梅雨の時期のキャンプや、キャンプ当日の天気予報が雨になった時、残念な気持ちになりますよね。でも、確かに天気が良い日のキャンプは清々しくて過ごしやすいですが、梅雨の時期や雨が降ってきても、気をつけるポイントを抑えればとても楽しく過ごせます。また、雨が降ると蚊やブヨなど虫が出ないのも魅力のひとつ。ここでは、梅雨時期や雨キャンプの際に気をつけることと、雨キャンプに頼りになるおすすめのグッズをご紹介します。

梅雨や雨キャンプでも頼りになるおすすめキャンプ用品&グッズを紹介! 雨の日のキャンプが楽しみに!

画像1: 123RF

123RF

この梅雨の時期、天気予報を見てがっかりすることも多いかと思います。でも、せっかくキャンプに行くのだから、雨の日でもキャンプをしっかり楽しみたいですよね。

今回は、雨でも楽しく過ごすためのキャンプグッズをご紹介します!

【おすすめ梅雨対策グッズ1】snow peak『アメニティドームM』 耐水圧3,000mm以上の高機能で安心 ! 

梅雨や雨キャンプにピッタリなテントが、snow peak(スノーピーク)の『アメニティドームM』です。

snow peak(スノーピーク)の『アメニティドームM』は、家族連れキャンプでも対応可能な、最大5人収容できるサイズのテントです。室内高が高く、背の小さい方や子どもなら立って着替えられるくらい広々としています。

また、耐水圧もsnow peak(スノーピーク)独自の表記をしており、耐水圧は「1,800mmミニマム」。生地のどこを計測しても耐水圧の最低の数値1,800mmを保証するスペックなんです。

このスペックがあれば、梅雨時期や雨キャンプでも安心して利用できますよ!

【おすすめ梅雨対策グッズ2】WORKMAN『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ』防水性の高さが◎

コストパフォーマンスに優れているレインウェアを探している人におすすめなのが、WORKMAN(ワークマン )の『3レイヤー透湿ストレッチレインスーツ』です。

上下セットで4,900円。しかも耐水圧は20,000mmで透湿性が高く、汗をかいてもウェア内が湿気がこもりにくいのが魅力です。

さらに、ストレッチ性の素材を採用しているので、雨の中の作業中、体を大きく動かしたりしてもつっぱることなく、体の動きにフィットしてくれますよ〜!

【おすすめ梅雨対策グッズ3】KEEN(キーン)『エクスプロール ミッド』多目的に使える防水性シューズ

KEEN(キーン)の『エクスプロール ミッド』は、KEEN(キーン)独自の防水透湿素材を採用。

雨キャンプの作業時にぴったりのシューズです。もちろんキャンプ以外にもハイキングなどのアウトドアシーンはもちろん、日常履きもできます。

軽量化&グリップ力に優れているので、濡れた路面でも滑りにくいのがポイントです。

【おすすめ梅雨対策グッズ4】PELICAN(ペリカン) 『マイクロケース』大事なものを入れて雨対策! 

防水ケースとしておすすめするのが、PELICAN(ペリカン)が展開している『マイクロケースシリーズ』です。

マイクロケースは、ウォータースポーツなどのハードな環境でも利用できるほど防水性に優れているケース。スマートフォンや車の鍵などの貴重品を入れておくのに便利です。

さらに、水は通さず空気を通す構造。気圧差もしっかり調節するので、スムーズに開閉ができます。

様々なサイズが展開されているので、ご自身が入れたい物のサイズに合わせたケース選びが可能ですよ〜!

【おすすめ梅雨対策グッズ5】HANAYAMA(ハナヤマ)『ポータブルリバーシ ビックサイズ』 子供も夢中

手軽にリバーシが楽しめるアイテム『ポータブルリバーシ ビックサイズ』は、雨キャンプの時にテント内で楽しめるゲームのひとつです。

ルールが簡単なので、大人はもちろん子どもも楽しめますよ! 意外とハマるため、気付いたら1時間以上経っていた……なんてことも。

「雨キャンプはやることがない」という人は、ぜひリバーシを楽しんでくださいね。

【おすすめ梅雨対策グッズ6】ネバーウェットネオ 超はっ水 防水スプレー 布でも優れた撥水効果が◎

雨対策に欠かせないのが防水スプレーです。その中でも優れた撥水効果のある商品をご紹介します。ネバーウェットネオ「超はっ水防水スプレー」はアメリカ発の特殊シリコン系スプレータイプの防水スプレーです。

ポリマー成分が繊維1本1本に浸透して全体にバリアをはる構造のため、汚れ防止効果も期待できます。特にネバーウェットネオの特徴は撥水効果と持続効果がとても優れている事です。持続効果が長いので長時間の雨でも問題ありません。いつでもお手入れ簡単で一度お手入れしてしまえば撥水効果が持続してくれます。

また、その他にも木綿やキャンパス布など布製品などにも使用できるのでおすすめです!撥水効果が落ちてきたテントでも効果あり!

ネバーウェットネオを使う際は閉めきった場所や屋内での使用はせず、必ず屋外で使用するようにしましょう。スプレーする時は、1度目立たない箇所で試してからスプレ―することをおすすめします。

【おすすめ梅雨対策グッズ7】EDWIN レインハット アパレルブランドと老舗レインメーカーのコラボ

デニムブランドエドウィンが老舗レインメーカーと共同開発したレインハットです。アパレルブランドから発売されたからこそ作れる高いデザイン性が魅力です。雨の日だけでなく、キャンプやフェス、タウンユースにも使える優れものです。

また、パッカブル仕様なので使わない時は小さくして収納出来ますし、旅行などの持ち運びにも便利です。

10,000mmという従来の傘の20倍高い防水性は、TPUという劣化しにくい素材を10,000ラミネートを使用することによって可能にしています。そして透湿性も高いことでによって汗をたくさんかいた際も快適に身につけることができます。

雨対策グッズもおしゃれなアイテムをゲットしてアウトドアを楽しみましょう!

ポイントを抑えれば雨キャンプもへっちゃら! じっとりした梅雨や雨の日に気をつけるポイントは3つ

画像2: 123RF

123RF

雨のキャンプはがっかりしてしまいがちですが、がっかりしなくても大丈夫。じっとりとした梅雨の時期や雨の日でも、3つのポイントを抑えればちゃんと雨キャンプを楽しむことができますよ。

1.足元から冷えるのを防ごう! 汚れからも守ってくれる防水性のあるシューズを準備しよう

画像3: 123RF

123RF

梅雨や雨キャンプの時には、防水性のあるシューズの着用をおすすめします。

雨が降っていると、場所によってはぬかるみが発生したり、大きな水たまりができたりするキャンプ場があります。

そんなとき、防水性のあるシューズだと気にしないで歩けますし、何より水がシューズ内に侵入して足が冷えてしまうこともありません。

サンダルを好む人は防水性のあるシューズを持っていく、もしくは水陸両用のサンダルを履くといいですよ!

2.雨での作業に絶対必要! 『レインウェア』を着用しよう!

画像4: 123RF

123RF

テントの設営中に雨が降ってきたり、一日中雨が降ったりしている状況のときは、雨をしっかり弾く、防水性の高いレインウェアを着用しましょう。

作業ではなくお手洗いや洗い場へ行くなどの移動の際は、ポンチョやコートタイプのレインウェアでもいいでしょう。

作業をする予定のある方は、いつ雨が降っても対応できるよう、レインウェアを持っていきましょう。

3.着替えやタオルは少し多めに持って行こう! 万が一濡れてもすぐに着替えられる準備を

画像5: 123RF

123RF

雨の日のキャンプは、いつどこで服が濡れるか分かりません。

そのため、タオルや着替えをいつもより多く持っていくようにしましょう! 汗をいたときや雨に濡れたときなど、すぐに着替えることで、汗冷えせずに済み風邪予防にもなりますよ。

おすすめの雨用キャンプ用品を使って梅雨の雨キャンプも満喫しよう! 雨でも楽しくなる!

今回は、梅雨や雨キャンプにおすすめのキャンプ用品やグッズと、気をつける注意点をご紹介しました。

防水性のあるシューズやレインウェアがあれば、作業中に雨が降ってきてもへっちゃらです!

ぜひおすすめのキャンプ用品、雨の日の注意点を抑えて、雨キャンプを楽しんでくださいね。

▼こちらの記事もチェックしよう!

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲

今日の天気 14日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)