tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

赤とんぼというトンボはいない? 知ってるようで知らない赤とんぼの謎

赤とんぼというトンボはいない? 知ってるようで知らない赤とんぼの謎
世界には現在約6000種のトンボが知られていますが、日本で見られるものは約220種。これはヨーロッパ全土よりも多い種類です。日本は古来よりトンボ王国でした。日本書紀や古事記ではかつてはその名も「おおやまととよあきつしま」(「大倭豊秋津島または大日本豊秋津洲)といわれたという記載があります。「あきつ」はトンボの古語。「あきつしま」とは、トンボの島を意味します。そんなトンボ王国でも、特に8月から9月にはトンボの数がピークになります。いわゆる「赤とんぼ」が数多く見られるようになるためです。誰もが知り、見たこともあるはずの赤とんぼ。童謡「赤とんぼ」も、知らない人はいないでしょう。でもそんな赤とんぼ、ホントは何ていうトンボなのかご存知ですか?

関連リンク

職業は漫画家。代表作は「エンブリヲ」ほか。動植物など観察、写真を撮るのが趣味。猫をこよなく愛する。

最新の記事(tenki.jpサプリ:サイエンス)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 18日16:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)