tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

穏やかな秋彼岸を迎えられることを願って。名歌「里の秋」誕生の物語

2019年09月19日

ライフ

穏やかな秋彼岸を迎えられることを願って。名歌「里の秋」誕生の物語
「里の秋」は、太平洋戦争直後の混乱期、昭和20年12月の年の瀬に、外地からの引揚者・復員兵を励ますために作られ、ラジオで発表された楽曲です。以来時代を超えて、しみじみとした日本の秋の愛唱歌・抒情歌として、「赤とんぼ(作詞・三木露風 作曲・山田耕筰)」や「ちいさい秋みつけた(作詞・サトウハチロー 作曲・中田喜直)」などとともに、日本の歌百選(2006年選定)に選ばれています。
昭和62(1987)年の9月20日。「里の秋」の作詞者、童謡詩人で教師だった斉藤信夫は、故郷・房総の山里が秋の実りの色に染まる頃、この世を去りました。

関連リンク

職業は漫画家。代表作は「エンブリヲ」ほか。動植物など観察、写真を撮るのが趣味。猫をこよなく愛する。

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 22日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)