tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

初雪の日をあてる北海道の「雪虫」、その正体とは?

2015年10月06日

サイエンス

初雪の日をあてる北海道の「雪虫」、その正体とは?

北海道の秋は短い

10月中旬から下旬にかけて北海道で発生する「雪虫」。見かけは直径5ミリほどのフワフワの綿毛のようで、まるで粉雪の妖精のように見えます。北海道で朝と晩が冷え込み、そろそろストーブが恋しくなる季節の朝方などに、よく見られます。北海道では雪虫を見かけると、「雪虫が飛んでいるから、そろそろ雪が降るよ」と挨拶がわりに言います。「雪虫が発生してから2週間後に雪が降る」という説もあります。見かけは綿毛のようなこの雪虫、その正体は…。

関連リンク

柴山ロミオ

紙工作作家。アロマコーディネーター。キラキラネーム収集家。

柴山ロミオ

北海道在住。素敵な紙を収集して、紙工作をする日々。趣味は家庭菜園とドライフラワー作り。最近は松の木の剪定に凝っている。冷蔵庫の残り物でおかずを作るのが得意。三毛猫と暮らしている。

最新の記事(tenki.jpサプリ:サイエンス)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 27日14:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)