tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

九州だけで13事例の線状降水帯が発生 令和2年7月豪雨の降水量の特徴

2020年7月3日から13日にかけて、九州地方を中心に広い範囲で大雨となりました。日本気象協会は、この梅雨前線に伴う大雨の特徴に関する情報を、防災レポート(速報)として以下まとめました。この大雨により、九州地方で13事例の線状降水帯が発生し、このうち球磨川氾濫事例では11時間以上継続。球磨川では計画降雨を超過、筑後川では計画降雨と同程度の雨量となりました。また、九州各地の被害発生箇所の多くで、各継続時間雨量または土壌雨量指数のいずれかで既往最大値に匹敵または超過する雨量となりました。

関連リンク

安齊 理沙

日本気象協会 本社気象予報士/防災士/熱中症予防指導員

安齊 理沙

神奈川県出身、千葉県育ち。幼少期より、星や空、自然が大好き。 学生時代は気象予報士学生会の代表として活動。大学院では冬の温帯低気圧の研究をしていました。 現在はtenki.jpチームの...

おすすめ情報

天気ガイド

雨雲

最新の記事(日直予報士)

日直予報士一覧
毎日の気象情報をお届け!日直予報士一覧

今日の天気 25日02:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)