tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

【熱中症予防】持ち運び◎の電解質タブレットで水分補給!日中40℃でキャンプをするアメリカ在住ライターの愛用品

アメリカ在住ライターの舟津カナです。夏到来!外遊びシーズンでもありますが、これからの季節は熱中症が増える季節でもあります。筆者が住むアメリカ西海岸では、場所によっては40℃を超えることもあり、先日のキャンプでは日中41℃になっていました。今回は、そんなアメリカのアウトドアマンが暑い季節に脱水症状予防として活用している『電解質タブレット』を紹介したいと思います。

そもそも熱中症、熱射病、脱水症の違いは?予防するための飲料は?

画像: そもそも熱中症、熱射病、脱水症の違いは?予防するための飲料は?

夏によく耳にするワード「熱中症、熱射病、脱水症」。その3つの違いは、『熱中症』は気温が高い環境で生じる健康障害の総称であり、その中に体温調節ができなくなる「熱射病」や、体液が少なくなる「脱水症」が含まれてます。

アメリカの西海岸は、湿度はさほど高くなく、日本のように蒸し暑くはありませんが、日差しが強いため、日差し予防と水分補給が熱中症予防の方法となっています。

脱水症状予防になる飲料

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

脱水症状とは、体の6割を占めている電解質で構成される体液が失われ、日常生活や生命維持に支障が生じる状態のことで、軽度でめまいやふらつきが起こり、最悪の場合死に至ることもあります。

脱水症状は、夏だけ起こりやすいわけではありませんが、気温が高く発汗が多くなると脱水症状を起こし熱中症になることがあります。

脱水症予防には水分補給が重要です。日常的に喉を潤す飲み物としては水やお茶はよいですが、大量の汗をかいている場合は、水よりも電解質をバランスよく含む電解質ドリンクを飲むほうがよいでしょう。

スポーツ飲料と経口補水液の違いは?

脱水症状予防としてよく聞く、「スポーツ飲料」と「経口補水液」。この違いは電解質と糖質濃度の違いで、スポーツ飲料は、エネルギー補給も兼ねているため糖質濃度が高く、対して経口補水液は、糖質は低めですが、電解質濃度が高めと言われています。

脱水症状を予防するという面では両ドリンク効果的ですが、脱水状態になった場合は、スポーツ飲料よりも、電解質の吸収が高い経口補水液のほうが適していると言われています。ただし、経口補水液は塩分濃度が高いため、日常的に飲むのではなく、脱水症状の恐れがあるときに飲むのがよいでしょう。

アメリカで愛用者が増えているスポーツ飲料と経口補水液の中間的アイテムが電解質タブレット「Nuun(ヌーン)」

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

脱水症状予防のスポーツ飲料として、アメリカでは「ゲータレード」が有名で、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで手軽に手に入れることができます。

ただし、スポーツ飲料は糖質が多いため(特にアメリカのモノ)、近年、健康志向の人に人気が高まっているのが、カロリーが少なく持ち運びしやすいタブレット型の「Nuun(ヌーン)」です。

このタブレットは、スポーツ飲料よりも電解質が多く糖質が少なく、スポーツ飲料と経口補水液のちょうど間のような感じです。

使ってみた感想は・・・

Nuun(ヌーン)」は、高さ10センチの手のひらサイズの入れ物にラムネのような錠剤が10錠入っており、1錠を16オンス(約473ミリ)の水に入れて電解質ドリンクを作ります。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

錠剤の大きさは、ペットボトルの飲み口の一周り大きいサイズ。ペットポトルに入れる場合は、半分に割って入れます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

水に入れると、すぐさまシュワシュワと泡が出て、2分ほどですべて溶けます。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

私が購入したフレーバーは「シトラスフルーツ」ですが、味は水にフレーバーが付いた感じで甘さ控えめ。ゴクゴク飲むことができます。

専用ケースは、持ち運びのとき激しく揺れても錠剤が割れないように、蓋にスプリングがついており、一度開けても、蓋がきっちり閉まるので、持ち運びも楽チンです。

「Nuun(ヌーン)」のメリットは?

タブレット型電解質ドリンク「Nuun(ヌーン)」のメリットをまとめてみます!

■軽量で持ち運びしやすい

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

アウトドアやスポーツシーンでは、持ち物のコンパクト性は重要ですが、このヌーンは手のひらサイズの入れ物に10錠入りこの大きさで約5リットルの電解質ドリンクをつくることができ、粉末のものより軽量で持ち運びが楽です。

これから暑い季節は、日常的に熱中症の恐れがあるため、バックに1つ入れて持っておけば、いつでも水を電解質ドリンクにすることができます。

■カロリーが少ない

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

スポーツ飲料はカロリーが高いモノが多いですが、これは1錠15カロリー。シュガーは1グラムと少なく、カロリーを気にしている人も飲みやすいドリンクです。

■飲みやすい

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

いくら体によいモノでも、味がおいしくないと飲みたくありません。筆者の個人的な意見ですが、経口補水液は塩分が強く飲みにくく、アメリカのスポーツ飲料は甘さが強く、ゴクゴク飲むことができませんが、このヌーンは、味がさっぱりしていて飲みやすい

フレーバーもシトラスフルーツ、フルーツポンチ、グレープ、レモンライムなど13種類と豊富。フレーバーの選択肢が多いところも人気の要因のひとつです。

「Nuun(ヌーン)」には様々な種類がある

脱水症状予防向きの「Nuun Sport(ヌーンスポーツ)」のほかにも、免疫系をサポートする「Nuun Immunity」、ビタミンを多く含むNuun Vitamins」、リラックスを促すNuun Rest」など、気になる体の状態に合わせたタブレットを展開。

どれも味がおいしいので、日常的なドリンクとして飲む人も増えてきています。

「Nuun(ヌーン)」以外の持ち運びしやすい熱中症対策飲料は?

「Nuun(ヌーン)」以外にも手軽に持ち運びができる熱中症予防アイテムがあります。その中から、日本でも手に入りやすいおすすめ商品をご紹介します。

ORS 経口補水塩タブレット

「Nuun(ヌーン)」と同様、手軽に経口補水が作れるタブレット型ドリンク。

塩熱サプリ

電解質をスピードチャージできる錠剤。バックにひとつ入れて置くと便利

OS-1ゼリー

脱水症状の状態がでたとき、すぐ飲めるゼリー状の経口補水液

粉末状で持ち運べる経口補水液

1包で500mlの経口補水液が作れる、粉末タイプの経口補水液

アミノバイタルの「電解質チャージ」も粉末タイプで持ち運び◎

日本国内で有名なアミノバイタルシリーズの、粉末で持ち運べる経口補水液パウダー

関連リンク(外部リンク)

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン ~タカラモノを探しにいこう~

ハピキャン(HAPPY CAMPER)は、アウトドア初心者やファミリーキャンパー向けにキャンプに行きたくなるオススメ情報を発信中。キャンプグッズ、キャンプ場、登山、釣り、ドライブだけでなく、料理(レシピ)、DIY、ファッションまで、生活に役立つ情報も提供します。きっとあなたのタカラモノが見つかりますよ!

天気ガイド

雨雲

今日の天気 25日18:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)