tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

「穀雨」煙るような雨が降り始めると、そろそろ春は終わりに近づきます

2020年04月19日

ライフ

「穀雨」煙るような雨が降り始めると、そろそろ春は終わりに近づきます
二十四節気を眺めてみると「雨」がつくのは初春の「雨水」と晩春の「穀雨」だけ。その他の季節に雨はないのか、とみてみると秋は「露」と「霜」冬は「雪」と季節ごとに形を変えて表れます。やはり雨は一年を通して日本の季節には欠かせませんね。おや、梅雨こそ一番雨が多いときでは? と疑問がわきます。梅雨を表す五月雨(さみだれ)月は新暦では6月。二十四節気では「芒種」となっており、雨よりも穀物の種を蒔く方に焦点が当てられているのがわかります。はなやかに季節をいろどる春の終わりにふる雨は春ならではの意味がありそうです。春の雨で季節はどのように変わっていくのでしょうか、一緒にみてまいりましょう。

関連リンク

「アートは生き方」 人の心に救いをわたすもの、それがアート

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

台風14号(チャンスー)18日11:00現在

台風14号画像

台風14号が鳥羽市付近を東に進んでいます

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 18日10:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)