tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

盆の迎え火は生者の心を照らすもの~平安文学に見られるお盆~

2020年08月10日

ライフ

盆の迎え火は生者の心を照らすもの~平安文学に見られるお盆~
東京などでは、もう今年のお盆は済みましたが、七夕と同じく旧暦でお盆を催す地方も多く、初秋に属する行事です。亡くなった方のある家庭では、お盆提灯を下げ、茄子の牛とキュウリの馬を立て野菜などを供物にして、麻幹(おがら)という皮をはいだ麻の茎を焚いて、死者を冥土から迎え、送り返します。いつもの年であれば、久しぶりに家族が集まり、思い出をゆっくりと語る時です。平安文学でのお盆の例は限られていますが、今回はそれらをご紹介します。

関連リンク

柏木由夫

大妻女子大学名誉教授 人間生活文化研究所特別研究員

柏木由夫

平安時代の和歌について研究しています。

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 29日22:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)