tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

イマイチわからない気象用語「のち・一時・時々」一挙解説

イマイチわからない気象用語「のち・一時・時々」一挙解説
2ヶ月ほど前に実施したアンケートで、みんながイマイチわからない気象用語 第1位が判明しました。放射冷却やフェーン現象を抑えての第1位は『のち・一時・時々』に・・・これはなんとしても皆さんに解説しなくてはっ!tenki.jpチームを代表して、気象予報士 安野が『のち・一時・時々』の違いを説明します。

関連リンク

安野 加寿子

[日本気象協会]気象予報士 熱中症予防指導員研修講師

安野 加寿子

「人生は一度きり」と、夢を抱いて転職を決意。理系OLから気象予報士の道へ!日本気象協会入社後関西支社勤務を経て、現在はtenki.jpチームにて活動中。tenki.jpのコンテンツづくりや管理・運営...

最新の記事(tenki.jpサプリ:サイエンス)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 26日04:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)