tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

見頃を迎える花菖蒲。「かきつばた」「あやめ」「しょうぶ」の違いが言えますか?

2017年06月04日

ライフ

見頃を迎える花菖蒲。「かきつばた」「あやめ」「しょうぶ」の違いが言えますか?

明治神宮の花菖蒲

菖蒲(しょうぶ)という植物には、「アヤメ科の菖蒲」「サトイモ科の菖蒲」の2種類があります。
「アヤメ科の菖蒲」は、花しょうぶとも呼ばれ、花の見頃はこれから、6月頃です。
一方「サトイモ科の菖蒲」は、端午の節句(こどもの日)に、げん担ぎや薬効のためにいただく菖蒲湯や菖蒲酒でご存知ですね。
「かきつばた」「あやめ」「しょうぶ」は3種類ともアヤメ科アヤメ属の多年草植物で、見た目がとても似ています。
「何れ菖蒲か杜若(いずれしょうぶかかきつばた)」という、「どちらも似ていて優れており、優劣がつけづらいことを意味する」ことわざがあるほどです。
それでも、それぞれどう違うのか、調べてみると……花の色や大きさ、形、生えている場所に違いがありました。
違いがわかるとそれぞれの美しさをより堪能できますね。今回は花菖蒲(しょうぶ)をはじめとするそんなアヤメ科の花たちのよもやま話をお届けします。

関連リンク

東京在住。 畑・ベランダ菜園で野菜やハーブを育てています。 植物のもつ強いパワーや美しい形に惹かれます。

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 20日22:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)