tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

怨霊と化した魂の行方は…意外と知らない百人一首の世界を探求〈8〉

2021年12月24日

ライフ

怨霊と化した魂の行方は…意外と知らない百人一首の世界を探求〈8〉

崇徳院の恋歌が思い浮かぶダイナミックな情景

「百人一首」は、ほぼ作者の時代順に配列されていて、冒頭が天智・持統の二人の天皇、末尾が後鳥羽・順徳の二人の院(仏門に入った上皇)で、どちらの二人も親子でした。
以前までのコラムでは、中間に位置する皇族の陽成院・光孝天皇・三条院を紹介してきましたが、今回は残りの1名の皇族で、77番の崇徳院の歌と作者についてご紹介しましょう。

☆あわせて読みたい!
百人一首に見る対立の構図
17歳で退位した悲運の天皇と、その和歌
百人一首に見られる光と闇

関連リンク

柏木由夫

大妻女子大学名誉教授 人間生活文化研究所特別研究員

柏木由夫

平安時代の和歌について研究しています。

最新の記事(季節・暮らしの話題:ライフ)

天気ガイド

雨雲

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(気象予報士)

今日の天気 25日04:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)