tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

インテリアに食用に?!夏の風物詩「ほおずき」のこんなよもやま話ご存知ですか?

2017年07月16日

ライフ

インテリアに食用に?!夏の風物詩「ほおずき」のこんなよもやま話ご存知ですか?
真夏盛りのお天気となっていますが、3連休はいかがお過ごしでしょうか?
本日は、藪入り。もともと旧暦の7月15日に行われていたお盆も、改暦後には新暦の8月15日に行われるようになりましたが、東京を中心とした一部の地域では新暦の7月15日を新盆とする風習です。
江戸時代、お盆という重要な祭日には、奉公先や嫁入り先の用事を済ませ、その翌日の16日より実家の行事にも参加できるよう休みが与えられました。親元でも親が首を長くして子どもの帰りを待っていて、親子水入らずのひとときを過ごしたのでしょう。
旬である文月(=7月)が転じて「ほおずき」となったという説もあるほおずきですが、提灯をイメージさせるお盆のお供えの仏花として親しまれています。
先週7月10日は、浅草寺境内がほおずき屋台で彩られた「ほおずき市」でした。この日は、「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ1日のお参りで46,000日分のご利益があるとされました。
今回は、そんなご利益にもあふれていそうな「ほおずき」のよもやま話をみていきましょう。

関連リンク

東京在住。 畑・ベランダ菜園で野菜やハーブを育てています。 植物のもつ強いパワーや美しい形に惹かれます。

最新の記事(tenki.jpサプリ:ライフ)

天気ガイド

雨雲の動き

注目の情報

おすすめ記事

最新の記事(日直予報士)

今日の天気 23日08:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)