tenki.jpトップサイトマップヘルプ

tenki.jp

援助が来るまでを過ごす

日頃の備え

ある自治体の食料備蓄例
台風や大雨のようにある程度予測ができる災害もありますが、多くの災害は突然やってきます。いざ災害が起きたときに役に立つもの、役に立つことは、災害の種類、規模、季節、場所、家族の有無など状況によって様々です。
まず「自分がこんな場面で、こんな災害に遭ったら?」と想像してみることが大切です。災害が起きたときにできることは限られています。想定していたように動くこともできません。だから、物と知識、意識を備えておくのです。ここに示すのは「日頃の備え」の一例です。自分に合った「MY日頃の備え」を考えてみましょう。
大規模な災害が起きたときは、公の機関の援助は必ずしも十分ではなく、援助を受けられるまでには時間がかかります。被災して援助を受けられるまでの間は、自分の力で生き延びなければなりません。自治体など他人任せでなく、1人1人が備えることで、大きな力となります。

命の安全を確保する

災害に備えることには、被災したときに「命の安全を確保するために」とその後に「援助が受けられるまで生活するために」の2つがあります。
ここでは、まず「命の安全を確保するために」の備えの一例を紹介します。
  • 自分の身は自分で守るという意識を持つ特に重要

    大きな災害では、みんなが被災者です。公的機関の救助体制も十分ではありません。まずは、”自分の身は自分で守る”という意識を持つことがとても大切です。
  • よくいる場所で、何の危険があるか考える特に重要

    自宅や職場にはどんな災害の危険があるか?を考えてみましょう。崖の近くでは土砂崩れ、地下室は浸水、海の近くでは津波や高潮の危険があります。建物に目を向けると、耐震性が十分にあるか。部屋の中では、地震の時に倒れやすいものはないか?寝ている場所に落ちてくるものはないか?など。イメージしてみましょう。
  • 普段から情報を収集し、状況を把握する

    台風や大雨は事前にある程度予測することもできる災害です。普段から天気予報や防災情報をチェックしましょう。異変に早く気づくことができます。 異変に気付いたときは、避難経路の状況を考えて避難するのとその場に留まるのでどちらが安全か考えましょう。避難したほうが安全と思う場合は、早めに避難するようにしましょう。
  • 普段から近所付き合いをする

    普段からの近所付き合いが、家に何人住んでいるのか、手助けが必要なお年寄りがいるのかなどを地域のみんなで共有することができ、協力することができます。
  • 訓練して身体で覚える

    小さな地震があった時、雨が降った時、家族で訓練するタイミングだと思って、避難までの訓練をしてみましょう。小さな地震が起きた時、もしこの場所のこのタイミングで大きな地震だったら大丈夫だっただろうか?とイメージしてみましょう。
  • 防災情報の意味を知っておく

    防災情報の中では専門用語で分かりにくいものもあります。しかしその情報の中には、その意味を知っておくことで、被災を未然に防ぐことができるかもしれない情報が含まれています。
    例えば、降水の予報で用いられる「はん濫危険水位」と「避難判断水位」どちらが危険なのでしょうか?初めて聞くとよく分からないかもしれません。事前に知っておくことで、「はん濫危険水位」は、避難の判断の目安となる「避難判断水位」よりも危険な状態であることが分かります。
  • 救急箱を用意し応急処置を知っておく

    大きな災害では消防や病院の機能がマヒしている可能性があり、簡単な応急処置は自分でできるように、救急箱の用意と簡単な応急処置の知識を身につけておきましょう。
  • 災害の前兆現象を知る

    土砂災害の前には前兆現象がみられることがあります。前兆現象を知って、早めの避難をしましょう。
  • ハザードマップを見る

    自治体では、土地にどんな危険があるのか?が分かるハザードマップを作成しているところが多くなっています。自治体のホームページや、窓口で入手できることがありますので、事前に入手して自宅や職場、よく通る道にある危険を確認しておきましょう。
  • 耐震性のある建物に住む

    どんなに備えていても、まず建物の全壊を避けなければなりません。
    阪神・淡路大震災で亡くなった方の8~9割は家屋の耐震性の無さと家具の転倒防止をしていなかったことが原因です。
  • 枕元には靴を用意する

    被災時、割れたガラスや瓦礫で室内を歩けない可能性があります。
  • 家具を正しく固定する

    家具は正しく固定しましょう。転倒防止の器具を設置していても正しい使用方法でないと意味が無いこともあります。取扱説明書をきちんと読みましょう。
  • 高いところに物を置かない

    高いところから物が飛び出して凶器になります。落ちてきて怪我をするものは高いところには置かないようにしましょう。
  • 倒れて火傷する場所にはポットを置かない

    ポットが倒れてお湯が飛び出す恐れがあります。
  • 揺れで消えないストーブは使わない

    地震のあと、次に怖いのは火災です。多くのストーブには揺れで消える機能がありますが、この機能が故障している場合はすぐに使用を止めましょう。
  • 窓ガラスには飛散防止フィルムを

    窓ガラスなどの大きなガラスには、割れた時に飛び散らないように、透明の飛散防止フィルムを貼っておきましょう。カーテンを閉めておくことにも効果はあります。
  • 救助に使えるものを用意する

    ロープ、軍手、ジャッキ、スコップ、バールなど
  • 今、閉じ込められたことを考えて常時手元に用意する

    ホイッスル、小型ライト、携帯電話、など

万が一に備えて

天気ガイド

雨雲

今日の天気 19日04:00発表

tenki.jp(iPhone) tenki.jp(iPad) tenki.jp(Android) tenki.jp 登山天気(iPhone) tenki.jp 登山天気(Android)